事業内容

不動産ファンド商品の企画・開発

これまでのファンド組成実績、長年培ってきたバリューアップ能力を基盤に、投資家の皆さまのニーズに合致するファンド商品コンセプトを企画立案。また、投資家の皆さまに最大限のリターンを還元すべく多様なスキームを検討していきます。

ファンド組成イメージ図

ページトップへ

不動産ファンドの組成《アクイジション/ストラクチャリング》

不動産マーケットの長期的な動向を見据え、ポテンシャルの高い不動産を積極的に取得し、優良な不動産ポートフォリオを構築します。さらに不動産と金融のノウハウを高次元で融合させることで、ファンドの組成段階から資金決済までの一貫したアレンジメントを実施し、投資家の皆さまに最大限のご満足を提供します。

ページトップへ

不動産ファンドの運用《期中運用/ディスポジション》

ファンド運用に際しては、投資家、テナントの皆さまからの信頼・評価を獲得すべく的確な期中運用を推進します。個別不動産ごとに、優良テナントの誘致、賃貸市場の把握による賃料改定、建物維持管理等を通じ、キャッシュフローの改善を図っていきます。また、エリア特性、物件ごとの個別性を勘案したマーケット動向の調査・分析等を実施し、売却タイミング等を含めたディスポジション戦略を立案・実行していくことにより、最大のパフォーマンスを追求します。

日土地アセットマネジメントの〈PLAN・DO・CHECK・ACTION〉

日土地アセットマネジメントの〈PLAN・DO・CHECK・ACTION〉

オフィスビルや商業施設を中心に、収益性の高い投資商品を開発。投資家の皆さまの資産運用ニーズに応えるファンドを組成し、マネジメントサイクルの実行により、パフォーマンスの最大化を図っています。

ページトップへ

IR(インベスター・リレーションズ)/コンプライアンス

投資家の皆さまに投資していただくためのディスクロージャー(情報の開示)は、不動産投資市場が健全に成長するためにも欠かせない手続きです。日土地アセットマネジメントは、投資判断に必要な情報を適時、公平に、継続して提供するIR活動を通じ、投資家の皆さまとの厚い信頼関係を構築します。また、組織的にはコンプライアンス室、内部監査室を設置するとともに、外部委員を登用したコンプライアンス委員会・投資委員会を設置、透明性の高い万全のコンプライアンスを実現していきます。

充実したれポーティング等により、投資家の皆さまに、有用な情報を迅速に提供します。

ページトップへ

不動産証券化

借入に依存しない資金調達・不動産のオフバランスによる財務体質の改善など、日土地アセットマネジメントでは不動産証券化のさまざまなメニューの提供により、お客様の経営戦略に即した多彩なサポートを実施していきます。

証券化導入のメリット

財務体質の改善や資金調達方法の多様化など、証券化を導入することで、さまざまなメリットを受けることができます。

財務体質の改善
  • ・ROA/ROEの向上等の財務内容改善
  • ・B/Sのスリム化、財務リスクの低減
資金調達方法の多様化
  • ・保有不動産の収益力・キャッシュフローに基づいた資金調達
  • ・コーポレート与信枠の温存
保有不動産のリスクヘッジ
  • ・価格下落リスクの回避
  • ・減損会計対策
  • ・管理コスト等の回避
保有不動産の継続関与
  • ・利用の継続(セールス&リースバック)
  • ・出資による賃貸収益の一部享受(配当)

不動産証券化の基本スキーム

証券化の基本スキームです。

ページトップへ